2005/7/10(曇のち晴)2005びわこトライアスロンin高島
週間予報では70%の降水確率で2日前の天気予報でも50%の雨だったのに降らなかったですね。。
ランパートになってからはむしろ暑苦しいくらいの天気でしたよ。
トライアスロンに関しては実現性のある目標かどうかが不明だったので、
距離が短いスプリントタイプでも完走できた事に大きな意味のある大会でした。
今回は「独身最後のチャレンジ」と言う、半分冗談かマジか分からないサブタイトルがついてますが、
とりあえず達成できたのでほっとしてます。。
今回のコースは↓のとおりです。。



【スイムパート】
距離は600mとスイムの経験の浅い私にはありがたい設定でした。
練習しているプールだと大体12分くらいで泳げる距離でした。
初めてのオープンウォーターだし時間はもうチョイかかるだろうなと予想してました。
しかも琵琶湖って波が実はすごいんですよ。当日も朝から風が強くて、
白波が立つ中での競技となったので結構やばかったです。
で、泳いでみるとやっぱりめちゃくちゃ。。プールでの泳ぎなんてしてる暇がないと言うか。。
プールだったら次のバイク対策でバタ足を使わないのにしてたのに、
足も結構使っちゃったりして。。おかげでタイムはそれなりに良かったですが、
浜辺に上がった時の息切れの仕方が尋常じゃなかったですね。
後ろを振り返ると結構人がいたので「意外とレースの流れに乗ってるかも」
と、感じる事ができました。おかげで気分的には楽になれました。

【バイクパート】
距離が24キロと言う事でそれなりに計算できる距離でしたね。
チャリンコ通勤もしてるので結構いけるかなぁと思っていたんですけど、
結果的には順位が伸びなかった要因になっちゃいました。
とは言うものの、スイムからバイク、バイクからランの
トランジションのタイムを含むので一概にバイクのみの順位ではないと思っています。
ちゅうか、ウェットスーツ脱ぐの下手くそだし、着替えるの遅かったもんなぁ。。
バイク自体の調子は悪くなかったんですよ。そんなに抜かされた記憶もなかったし、
平均時速も35キロ前後で巡航できていましたから。
コース全体がフラットだった事もあって、24キロ走っても息切れしないんですよ。
まあ、自分で心拍数が上がらないように速度調節してたので当然と言えば当然ですが、
意外とコントロールできるもんだなぁとか思ってました。
1周7キロの周回コース部分を3週するんですけど、
3週目に入っても路上にいる子供に手を振る余裕ありましたもんね。

【ランパート】
距離は7キロなので、週末にやっている駅伝の練習とそれほど変わらなかったです。
ここ2年の中では一番練習の割合が大きいので好不調が分かりやすい種目でしたね。
と言うか冷静だったのはバイクが終わったところまで。。。
ランがスタートした瞬間に両足が「ズドン」って感じですもの。。
足が前に出ないんですよ。まじで。
とりあえずスタートしてみるものの笑えるくらい遅い(^^;
それでも周りを見るとみんな一緒なんですよ。
「この足の状態で走るのがトライアスロンなのね」と実感せざる終えなかったです。
今回はコースの下見が出来ていたのがとても良かったです。
どこまで行けばエイドステーションがあるか知っていたし、
何キロ地点が分かっていたのでラン目標がとても立て易かったです。
とりあえず頭の中で駅伝仲間のアドバイスを繰り返し唱えて走り続けてました。
おかげで結構な数の人をランで抜かす事ができました。

結果

ゼッケンNO. 総合順位総合記録距離
131 60/1751:35:1631.6km
スイム順Sラップ距離
600:12:43600m
バイク順Bラップ距離
890:47:3824km
ラン順Rラップ距離
520:34:557km

最終目標としては実家の近くで開催されている美浜「音吉トライアスロン」に出る事ですが、
まだまだ修行が足らないので次の目標としてセットするとします。
これは「20代のうちに達成したい」ってしておこうかなぁ。。(^^)

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO