泳・乗・走
51.5kmに挑戦してみよう


〜よくある質問〜

Q : 51.5って何?

A : スイム1500m、自転車40km、ラン10km の
計51.5kmのトライアスロン(ショート)です。


Q : トライアスロンにはどんな種類があるの?

A : 51.5kmはショート(オリンピックディスタンスとも言う)と呼ばれていて、
倍以上あるロングや、半分ほどのスプリントという分け方をしています。


Q : なんでトライアスロンを始めたの?

A : 東京に転勤になった時に上司(ハマ代理)に計画的にはめられました。。(^^;
詳しくは↓の足跡を見てくださいね。


Q : トライアスロンで使う自転車って高いんでしょ?

A : 車の維持費(半年分)より全然安いですよ。私は東京で車を乗らない換わりに、
ロードレーサー/神風4号を購入しました。


Q : 練習はきつくない?

A : 基本的には単独で練習してますが、週末はトライアスロンクラブに行っているので、
レベルは違えど頑張っている仲間の姿に触発されてます。




〜51.5kmに挑戦するまでの足跡〜
〜2000年

小学校から大学生までバスケットボール漬けの生活をしていて、
トライアスロンになんて興味は一切無し。
長距離走も正直嫌いだった。水泳は小学校3年生までスイミングに行ってた程度(^^;

2000年

社会人になって、バスケも週末の活動のみ(地元で「VINEGA」に所属)に。

2001年

名古屋の栄勤務だった頃に地下鉄東山線の通勤ラッシュが嫌になり、
神風3号で名駅〜伏見をチャリ通勤開始。
   今考えるとこのチャリはおもちゃだ。。

2002年

東京出張の機会が増え、チャリ通勤もストップ。
この時、同じ会社でトライアスロンに挑戦していたハマ代理と再会。
(彼との出会いは1年ほど前にさかのぼる)

2003年

東京への転勤が決まり愛知で乗っていた車を手放す事に。
それを聞いたハマ代理。”iwamoにいい乗り物を紹介してやる(^^)”
という事で、上野にあるショップ「ワイズ・インターナショナル’クラシック’」にて
ロードレーサー(神風4号)に出会う。
ハマ代理に引っ張られるままにシマノ主催の自転車のイベントに参加し始める。
初めての種目は1時間サイクルマラソン。

駅伝(市民大会)にも誘われるようになり、
少しずつ長距離を走り始める。

バスケは浦安の「VIGARS」に所属し試合にフル出場するも、
何かに満足できなくなりボールを触らない日が増えてくる。

2004年

転職して愛知に帰ってくる。
奇遇にもロードレーサーを取り扱っているショップ、日進クエストの向かいに引越し。
そこで三好SAトライアスロンクラブの存在を知る。

自転車イベントと駅伝をコンスタントに参加する事に慣れて来た一年。
ランニングもコンスタントに10キロ走れるようになって来た。
トライアスロンへの気持ちが高まってくるものの、
三好SATCへの敷居の高さを感じていて一歩が踏み出せず。

2005年

スプリントの大会を自力の練習で完走できたら三好SATCに行こうと考え、
プールで泳ぎ始める。

7月に琵琶湖・高島でのミニトライアスロンに出場し無事に完走。
一握りの実績を持って三好SATCの門を叩き、鉄平コーチ美鈴コーチに出会う。
改めて、三好SATCの基本理念
’誰でも気軽に楽しめる『生涯スポーツ』として認知させることを目的’
に賛同し、お世話になる日々がスタートする。

2006年

「トライアスロンをやっている」と言うには51.5の大会に出てないと(^^;
と言う訳で、51.5挑戦の年として練習を開始。

51.5デビュー(2006/5/21)

記念すべきデビュー戦は蒲郡オレンジトライアスロン
不思議と余り緊張をしなかった。誰かのためにとか、
チームのためにタスキをつなぐと言うプレッシャーから解放されて
泳いで・こいで・走る
を楽しむ事が出来ました。参加選手全員がゴールテープを切れると言う、
トライアスロンの醍醐味も味わえた。
これで「私トライアスロンやってます」って言える☆

地元凱旋(2006/7/16)

実家のある知多半島では10年以上前からトライアスロンの
大会が開催されていたなんて当時は知りませんでした(^^;
トライアスロンに取り組もうと思ったときに真っ先に目標にしたのが、
この大会でした。大会ボランティアに同級生が居たりして、
チーム以外のメンバーからの声援も多い大会となりました。
音吉トライアスロンは今後も年間スケジュールに入れて参加を続けたい。

2007年

51.5に取り組みはじめて2シーズン目
コンスタントに三好SATCでのスイム練習およびチャリ通勤&お昼のランニングが継続できた1年。
トライアスロンを生活の一部として取り入れる事が出来ると実感できたシーズンです。
蒲郡オレンジトライアスロンでサブ2.5の壁を超える事ができたので脱トラ初心者!?
そして夏に長男(悠悟くん)が誕生し、生活リズムががらりと変わる。
新しい家族が増えたことをプラスにして来シーズンに向かいたい☆

2008年

年間を通して育児に翻弄した1年を経て迎える51.5。。
子供が1歳を迎えるシーズンとなった08年はいかに現状を保つかという事が課題になりました。
週末も昨シーズンまでのように毎週参加できるわけでも無く、
家事・育児とのバランスを考えた練習パターンに変化せざる終えませんでした。
そんな中で出場した長良川国際トライアスロンは猛暑にもやられてランで失速。。
それでも1歩1歩とゴールに向かって足を運べたのは、
応援に駆けつけてくれた家族のおかげでした。
ひとまず楽しく取り組んでいる事は見せる事はできたかな。

2009年

年1レースにしてから2回目のシーズン
業務が忙しくて心身ともにやられていた一年でした。
そんな中でもトライアスロンは続けようと積み上げてきた長良川国際。
せっかくのレースで気分転換を図ろうとしたのに大雨によるデュアスロンに。。
まさに1年を象徴するかのような大会でした。。

2010年

51.5が生活に溶け込んできた5年目のシーズン
仕事の激務も山を越えて平穏な生活が戻ってきました。
とは言え、体調がすぐに上向きになる訳ではなく、
シーズンオフには背筋痛からくる腰痛になやまされ、
何とか帳尻を合わせて51.5を完走すると言うシーズンになりました。
二人目の子供(由依さん)が産まれて、すごろく的には振り出しに戻った感じ。
まあ、気長に行きましょうよ。




〜戦跡〜

menu のプルダウン(Race Result)からどうぞ♪



これからも生涯スポーツとしてマイペースで続けま〜すp(^^)q





































SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO